自前証明書でcourier-imapをSSL認証させる方法。
毎回証明書の期限切れで忘れるのでメモ。

取りあえず、初回だけ、

#cp /usr/local/etc/courier-imap/imapd.cnf.dist imapd.cnf
#vi imapd.cnf

[ req_dn ] 以下を修正。

証明書の作成

#/usr/local/share/courier-imap/mkimapdcert
#ls /usr/local/share/courier-imap

imapd.pem    mkimapdcert* mkpop3dcert*

有効期限365日の証明書(imapd.pem)が出来る。

起動(これも初回だけ)

#vi /etc/rc.conf

courier_imap_imapd_ssl_enable=”YES”

#/usr/lcoal/etc/rc.d/courier-imap-imapd-ssl start

後は適宜MUAの設定を。
Thunderbirdであれば、こんな感じ。

まぁ、この証明書大丈夫?的に怒られますが、気にしない事ですな。

以上。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation