;

釧路市では昨年釧路市議会基本条例というものが制定された。
釧路市議会ホームページによると市民に対する情報発信と説明責任を果たすことを義務化し、更に市民と情報及び意見を交換する場を多様に設けることを努力義務化するということが1番目の特徴とある。まさにこれを具現化したのが今日僕が行った釧路市議会議会報告会で昨年1回目が行われ、今回は2回目で会場も増やしのべ15回の報告会が市内各地で行われたようである。
他地域でこう言うことが行われているのかはわからないが、本日は網走市議会の方々も視察に見えていた。

昨年も実施自体は目にしていた。しかし、都合が付かず足を運ぶことは出来なかったのだが今日は会場も釧路市交流プラザさいわいと他の地区会館よりも規模が大きそうだし行きやすいかなと思って行くことにした。

先週の木曜日に行われた市政懇談会(これは釧路市が実施)にも足を運んだのだがその時感想としてなんと言っても平均年齢の高さが気になり、そして市長からは今回、一昨年の釧路市財政健全化プラン、そして政策プランと今後の釧路市のビジョン的なものが説明されていてそれについてを懇談する場、としたかったのだろうと感じた。しかし、参加者から出る意見は街路樹がどうとか津波対策での不満とかで全く意見の交換が出来ていなく結論としては何だか残念な場になってしまっていた。単純に参加者の市に対する不信感が爆発しただけの会と言った感じ。
逆に市の担当の方は腫れ物に触る様な対応で全くコミニュケーションを取る場とは言えない感じだった。

さて、今回の議会報告会であるが、参加人数は残念ながら3名?(だと思う。それ以外は関係者?)くらいでこれは非常にもったいないと思った。

説明の内容に関しては4名の市議の方々が説明を担当し、約40分にわたって2月と6月の議会の議論された内容に付いての報告があり、その後質疑と言った形である。報告の内容は新聞等に目を通していれば大体は知っている内容であったが 自分としては突っ込んだ内容の質問はその場で出来なかった。残念。
僕から今後参加するにあたり、逆に主催者側はどういった関わりを期待されているのかと質問させていただいたが、この場がいろんな意見の交換や議論の出来る場になれば良いのでどんどん意見を言ってほしいという様な回答。
各会場、議員の方が動員をかけるような事はしていないそうで、非常に僕は好感が持てると思った。
今回、現状はこう言う感じだったが自分としては今後の周知の方法がうまく行って いろんな人が参加をし、市民の声が実際に届くんだと感じられるようになったら逆に我々も当事者意識が芽生え更に関心も持てるようになるのではないかと感じた。

僕は都合が付く限り今後も参加します!

我々世代にこそ知ってもらうべきだと思ったので珍しくBlogに残します。

3 Thoughts on “議会報告会に参加して来た

  1. Pingback: 議会報告会に行ってきた2013 | SONY狂な日々

  2. Pingback: 議会報告会に参加してきた2014 | SONY狂な日々

  3. Pingback: 議会報告会に参加してきた2015 | SONY狂な日々

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation