昨年に続き2回めの議会説明会に行ってきた。

前回は釧路交流プラザさいわいでの参加であったが今回は地元のコアかがやきでの開催に参加できた。

市政報告会などはそこそこの参加者があったように思うのだが今回は途中参加も含め5名の参加。
釧路市議会基本条例の制定を機に市民の皆様に市議会の内容を知ってもらうために開催しています的な説明があったが、住宅地での開催で5名の参加では寂しい。普通の考えで行くと、

  • 広報の方法に問題がある。
  • 市民が市議会に関心がない。
  • このような説明会は意味が無いと思われている。

あたりでは無いかと考えてしまう。

広報について質問させてもらったが、昨年のアンケート結果にもとづき一番多かった広報くしろやホームページが主とのこと。
アンケートとはおそらく昨年参加された方のアンケートであると思うので、答えている人が関心のある人であると思われるので来なかった人の意見を聞く方法はなかったものか。

たまたま釧路市議会の9月定例会を1日だけ傍聴したこともあり内容がわかる項目も多かったが、議会説明で定例会は一般質問があった項目だけを羅列、委員会の説明は委員側からの質問と市役所側からの回答があることに単純に疑問を覚えてこれも質問をさせてもらった。

その他の質問があった事項に関しては月田市議会副議長のブログに載ってるので省略。

毎回このような会に参加して感じるのがどうも開催側と参加側の戦い?のような感じになってしまっている気がする。途中参加された表さんが住民が一緒になって地域のために何かをする、というような事をおっしゃっていた。
まさにその通りで住民が自分たちの地域をどうしたいか、何が出来るかという姿勢が大事だと思う。

もちろんその上で、自分たちの収めた税金の使い道に関しては厳しく追求することは必要だし、そう言う議論は身のある充実したものになるのではないか。
上に戻るが、今のままではお互いに交わるところがなく、結局は参加者も増えていかない気がする。

こういう場で夢を語る若者がうるさいくらいに発言するようになると良いね。(昨日は僕が一番若者でした)

One Thought on “議会報告会に行ってきた2013

  1. Pingback: 議会報告会に参加してきた2014 | SONY狂な日々

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation